So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)

 ドイツ人画家のエドガー・ミューラーさん(41)がこのほど、東京・芝公園の東京タワーの駐車場に「スペースオブゼログラヴィティ」と題した3Dアートを制作。上下の感覚があやうくなるような不思議な空間が、訪れた人を楽しませている。

 20×10メートルという大きな絵画は、特定の一点(ビューポイント)からだけ、立体に見える。実際にはゆがんだかたちで描かれていて、支持体(路面)の角度と、見えてくる映像のズレが立体感を生む仕掛けだ。

 ミューラーさんは、16歳のときからストリートペインティングに取り組み、世界各国で作品を制作している。今回は、日本コカ・コーラのPRイベントで初来日。「天文ファンなので、いつか宇宙空間を描きたかった。これがはじめての挑戦」だとか。

 もともと上下左右のない宇宙だけに「3D化」は難しかったようで、地球とボトルがなかったら無重力感はでなかったそうだ。消されるのも路上アートの宿命だが、「イリュージョンを施すこと、空間を変えること。私にとってはそのプロセスが大事」。この絵も展示は31日まで。たった3日間の公開で消し去られる。入場無料。

【関連記事】
アート・ディレクター、水谷孝次さんが「デザインが奇跡を起こす」を出版
大阪府立高の廊下に巨大壁画 多感な生徒らの癒やしに 大冠高校
手軽にスプレーアート 香川高専の学生ら開発
「美」を与えてくれた日本に感謝 フラワーアーティスト、オスト氏
「美術展」工場に鎮座した12mの木彫に驚嘆

超高層マンション 地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
「いのち」連発、初の施政演説に鳩山カラー(読売新聞)
<参院予算委>長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。