So-net無料ブログ作成
-| 2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

日本人妻ら「あの日を忘れない」 北朝鮮帰還事業50年追悼集会(産経新聞)

日本人妻ら「あの日を忘れない」 北朝鮮帰還事業50年追悼集会(産経新聞)

 北朝鮮帰還事業開始から丸50年となった14日、最初の帰還船が出発した新潟港中央埠頭(ふとう)で、北朝鮮で強制収容所に連行されたり、処刑されたりしたとされる1万人を超える犠牲者の霊を慰めようと、「あの日を忘れない 新潟港追悼集会」が開かれた。

 脱北した帰還者の日本定住を支援する「移民政策研究所」の坂中英徳代表が、「50年の節目は日本人妻救出の機運を高めるチャンス」と企画。集会には日本人妻1人を含む8人の脱北者も参加。50年前の埠頭は雪で、975人を乗せた帰還船を“マンセー(万歳)、マンセー”のかけ声で2千人が見送ったという。

 坂中代表は「日本人妻1831人のうち生存しているのは100人前後。全員帰ってくるまで頑張りたい」と呼びかけた。日本人妻の伯母を亡くした遺族代表の広瀬直子さん(59)は「ご主人が亡くなって伯母が帰りたいと言ってきたが…」と救い出せなかった無念さを涙で語った。

【関連記事】
楽園信じ9万人地獄「北朝鮮帰国事業は誘拐」 50年で新資料
日本人妻の安否調査を 新潟の集会で訴える
北帰国事業 14日で50年 親族「思い出したくない」
「地上の楽園」は地獄だった…帰国事業から半世紀
「北日本人妻の帰国を外交問題に」 支援組織が首相あてに要請文

ナツメロ会
ココログ
2ショットチャット
クレジットカード現金化
競馬情報

-|2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。