So-net無料ブログ作成

大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け−秋田県(時事通信)

 赤松広隆農林水産相が秋田県のコメの市町村別生産割り当て方針を批判した問題で、同県は16日、緊急の協議会を開いて対応策を議論した。結論は出なかったが、佐竹敬久知事は会合後、「国の戸別所得補償制度の対象から(同県が)外れる可能性がある。全体の不利益も考えて決めないといけない」と発言。生産調整(減反)が未達成の大潟村など3市村に科していた生産配分の削減分について、2010年産米で全量回復させる方針に転換する公算が大きくなった。
 県の協議会は、これまでに農水相の批判などを受けペナルティー(生産配分の削減)の廃止を確認。10年産米については、09年産米でペナルティーとして削減した数量の3分の1を3市村に追加配分することにした。ただ、農水相はこの方針に対しても「(実質的に)ペナルティーを残せということだ」と反発していた。 

寅さんは論理の矛盾を「背理法」で証明した(産経新聞)
<公明>市川元書記長を常任顧問に 「一・一ライン」復活?(毎日新聞)
15日夕に部分日食=那覇で最大6割−国立天文台(時事通信)
小沢氏入場に拍手まばら…地方代議員会議(読売新聞)
北半球中緯度域、異常低温に=寒気の流れ込みで−気象庁(時事通信)

「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で、自民党は14日午前、東京地検特捜部に家宅捜索を受けた小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員の元秘書の金沢敬氏を招き、一連の疑惑に関する勉強会を開いた。金沢氏は「昨年特捜部が陸山会の事務所を家宅捜索する直前、石川氏に頼まれ証拠資料を隠すのを手伝った」と証言した。

 金沢氏によると、特捜部が陸山会事務所を捜索した昨年3月3日、石川氏から「小沢氏から『チュリス(陸山会事務所が入る都内のマンション)でまずいものを隠せ』と指示があった。手伝ってほしい」と電話を受け、勤務先の札幌市から上京。同日夜に石川氏と合流した。

 石川氏は「隠せるものは隠したが、自分の衆院議員会館事務所も捜索が入るかもしれない」と話し、翌4日に石川氏の事務所に出向き、鹿島建設や西松建設などゼネコン関係の名刺や資料を黒いナイロン製のボストンバッグに隠したという。

 金沢氏は当時小沢氏の秘書だった樋高剛民主党衆院議員から「陸山会事務所の証拠隠滅工作に加わった」と聞いたことも暴露。樋高氏は「資料が押収されていたら小沢氏を含め全員逮捕だった」と話したという。

 金沢氏は「小沢氏が記者会見で『国策捜査』と訴えられたのは、証拠資料を隠すことができたから。石川、樋高両氏もそう話していた」と述べた。

 金沢氏は平成20年9月から21年7月まで、石川氏の私設秘書を務めていた。

【関連記事】
首相、小沢幹事長変えず「内閣として一致結束」 陸山会強制捜査で
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に
「やましいカネ」隠蔽? 陸山会、24億円を不透明移動
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
「うるさい、しゃべることない!」捜査にいらだつ小沢氏側近

「考え事していて…」 パトカー、民家のブロック塀に激突(産経新聞)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)
震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
日韓、初の安保宣言検討…北の核に連携強化(読売新聞)
銅鏡出土 卑弥呼から直接授与か 被葬者「倭王か副総理格」(産経新聞)

公明・山口氏「民主は自浄能力発揮を」 小沢氏側への捜索で(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は13日夕、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部が関係先の家宅捜索を始めたことを受け、小沢氏や事情聴取を受けた石川知裕衆院議員に説明責任を求めた。同時に「民主党は自浄能力の発揮に努めるべきだ。最近の世論調査では、説明責任が果たされていないと国民は強く感じている。野党として国民の期待に応える責任がある。徹底した国会審議が必要だという姿勢で臨みたい」と述べた。都内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
鳩山首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への捜索で
小沢氏「陸山会」を強制捜査 鹿島や個人事務所も
裏献金で土地購入 小沢氏「はぁ?」恫喝気味にはぐらかし
「紙袋の4億」「融資の4億」小沢氏はどう説明するのか?
“小沢資金”の謎、不要な融資 個人資産隠し?

アバクロライダー
自転車通勤
クレジットカードのショッピング枠を現金化
出会いランキング
自己破産

【私も言いたい】テーマ「参院選」 「単独過半数」は2割弱(産経新聞)

 今回のテーマ「夏の参院選」について、5日までに4104人(男性3356人、女性748人)から回答がありました。「民主党が勝利し単独過半数を取ると思う」は2割弱にとどまり、「鳩山内閣の勢いに陰りが出たと思う」「『政治とカネ』問題が参院選に影響する」がともに9割に達しました。

                   ◇

 〔1〕参院選でも民主党が勝利し単独過半数を取ると思うか

    16%←YES NO→84%

 〔2〕予算や外交でもたつく鳩山内閣は、勢いに陰りが出たと思うか

    93%←YES NO→7%

 〔3〕鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題が参院選に影響すると思うか

    91%←YES NO→9%

                   ◇

 ○自民よりまし

 千葉・男性会社員(59)「対抗勢力が弱いので過半数は取るだろう。鳩山首相は、かつて秘書の問題は議員本人の責任と明言していたので議員辞職をすべきだ。国のリーダーたる最適なトップを据えて、本格的に政治革新をして日本の10年後を期待できるようにしてほしい」

 京都・男性無職(66)「民主党も問題があるが、自民党よりましだ」

 岡山・男性無職(66)「民主党に4年間任せてみてから今後のことを判断するのが妥当だ。自民党ができなかった事業仕分けで役人のでたらめを公表し、天下りを根絶してほしい」

 香川・男性会社員(61)「予算編成でマニフェスト(政権公約)の内容を見直し、地方の要望を政府が容認したことが大きい。高速道路の4車線化事業や子ども手当支給のめどが立ったことも大きい。暫定税率などの案件は4年間で成果が出ればよい」

 三重・男性無職(74)「自民党の世襲政治に愛想を尽かし、政権交代を期待して民主党を選んだが、鳩山政権を選んだわけではない。外交に疎く決断できない鳩山政権には失望した。鳩山が退任し、小沢が黒子に徹すれば民主党に投票する」

 ●あきれた責任逃れ

 北海道・男性会社員(42)「民主党の『お試し期間』は過ぎた。政権を担う政党ではないことがはっきりした」

 愛知・男性会社員(31)「とてもではないが、民主党は日本の国や国民を大切に思っているとは思えない。この政権が続くことがあれば、日本人にとって不幸な未来を思い浮かべるしかできない」

 岡山・男性自営業(67)「このままでは民主党は暴走する。参院で過半数を取らせるべきではない。国家が壊れる」

 神奈川・男性会社員(40)「マニフェストはおいしいモチだけを並べてうさんくさかったが、実態はそれ以上にひどかった」

 大阪・男性会社員(65)「民主党には投票しない。大衆受けする政策と国家目標の整合性が理解できない。小沢さんは参院選に勝利して、この国をどこへ導こうとしているのか」

 愛知・男性会社員(22)「野党時代に自民党議員に対して、脱税などで辞任しろと迫っていたのに、いざ自身が追及されると逃げるばかり。あきれた」

 大阪・男性会社員(50)「自民と民主の中堅・若手が合体すれば政権奪取も夢ではない。今の自民では駄目だが、老若が分離すれば脈がある。合体する勇気があるかどうかだ」

                   ◇

【用語解説】参院選

 3年に1度、定数(242)の半数を改選する。衆院と違い任期中の解散はなく、当選者は6年間の議員活動が保障される。今回改選される121議席のうち、都道府県ごとの選挙区が73議席、比例代表48議席で争う。

 選挙区のうち29県は改選数1。前回平成19年は、自民党はここで6勝23敗と大敗し、民主党に参院第一党の座を明け渡した。

 また民主党は今回、長年自民、民主両党が議席を分け合ってきた改選数2以上の複数区でも、複数候補者擁立を模索している。複数擁立は共倒れの危険もあるため、勝負の分かれ目となりそうだ。

                   ◇

 ■次回は「年賀状」

 今年、年賀状はたくさん届きましたか? 郵便事業会社によると、昨年のお年玉付き年賀はがきの発行枚数は、平成20年より2億4000万枚少ない約39億枚。企業を中心とした虚礼廃止の動きや、携帯電話のメールの普及で年々減少傾向にあります。そこで、(1)年賀状は出しましたか(2)年賀状は必要ですか(3)「虚礼」でも出すべきですか−について、あなたの声を聞かせてください。意見は12日午前11時までにMSN産経ニュースへ。結果は産経新聞紙面(15日)とMSN産経ニュースで発表します。手紙やFAXはご遠慮ください。

                   ◇

 結果と応募はMSN産経ニュース「eアンケート」

(http://sankei.jp.msn.com/topics/culture/3341/clt3341/t.htm)へ。

Shock
e3s1ct0pのブログ
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産
即日現金化

藤井氏の辞意伝達は12月22日 2週間もかかった首相の決断(産経新聞)

 藤井裕久財務相が鳩山由紀夫首相に辞意を伝えたのは実は昨年12月22日だったことが6日、明らかになった。複数の民主党関係者が証言した。5日に藤井氏の辞意が明らかになった後、鳩山首相が迅速に後任人事を決めたようにみえるが、実際には後任人事の決断までには約2週間かかったことになる。

 関係者によると、藤井氏は12月22日、首相に体調不良などを理由に、1月の通常国会召集までに「財務相を交代したい」と伝えた。

 すぐに後任人事を決められなかった背景には、首相が自身の偽装献金問題への対応や22年度予算編成やインド訪問で、藤井氏の後任問題どころではなかったほか、「首相は慰留できると甘くみていた」(民主党幹部)とも言われる。また、首相の決断力不足を指摘する声もある。

 藤井氏が年末の28日に、都内の病院に「検査入院」したのは、こうした首相ののんびりした対応をみて、「辞任の理由をつくるために入院したのではないか」(政府関係者)と指摘する声もあった。

 この2週間の中で、首相が藤井氏の慰留にむけて、「必死の工作を行った節はなかった」(政府筋)という。(佐々木美恵)

【関連記事】
小沢幹事長、財務相問題、自身の事情聴取問題に言及せず
財政再建に不透明感、景気や為替…菅氏の課題重く
加藤元自民幹事長「菅財務相は予算委で攻めやすい」
鳩山首相、財務相後任「自分で決めてから、小沢氏に伝えた」
藤井財務相の後任に菅直人副総理

アルバニア語で日本のニュースを読む
たけはるのブログ
競馬サイト
クレジットカード現金化
債務整理無料相談

大連市史の続編が「74年ぶり」に刊行 (産経新聞)

 昭和11(1936)年に刊行された、旧関東州(現・中国東北部)大連の市史の続編が、“74年ぶり”に完成した。ロシアが街づくりを始め、日本が発展させた港湾都市・大連のハイレベルな生活や、世界最高とうたわれた満鉄の特急「あじあ」の活躍などが、鮮やかによみがえっている。

 「続大連市史」を作成したのは出身者らでつくる「大連会」(園田信行会長、約5千人)の市史編集委員会。11年から終戦前後までを対象に政治、経済、交通、生活、教育、スポーツ、事件などあらゆる分野の資料、記録、思い出話が盛り込まれている。

 大連は19世紀末、三国干渉の代償として清から租借権を得たロシアによって街の建設がスタート。1905年、日露戦争後のポーツマス条約によって租借権を譲渡された日本が一大商港都市として発展させ、最盛期の日本人人口は20万人を超えたという。

 旧市史は昭和11年に大連市当局が刊行。その後、その復刻も行われたが、同年以降の記録は長く「空白」のまま。今回、編集委員会のメンバーは「次世代に残しておきたい」と国会図書館などに保存されている「満洲日々新聞」の記事や会員所有の資料・写真、当時の記憶を頼りに10年がかりで続編を完成させた。

 続編の特長は、公的な資料、記録だけでなく、市民の生活や風俗が写真とともに詳細に描かれ、「読みもの」としても楽しめること。例えば14年当時の「年収ランキング」によるとサラリーマン部門では満鉄総裁の12万円がトップ。当時の最低の生活水準が600円とされていたから天文学的なサラリーであったことがうかがえる。

 満鉄特急「あじあ」は最高時速130キロ、内地の「つばめ」よりはるかに速かった。冷暖房完備、展望車付きの豪華な客車を引いて大連−新京(現長春)間を約8時間半で結んだ。国際色豊かで、市史には食堂車のロシア人ウエートレスの写真が掲載されている。

 編集委員長の太田豊さん(82)によると「当時の大連は舗装道路や水洗便所を備え、教育や給与の水準も内地(日本)よりはるかに高かった」と胸を張る。当時小学生だった小寺鐵生さん(73)も「市史にある双葉山らが出場した大相撲の巡業を見に行った覚えがある。街の発展に力を尽くした先人たちの足跡が詰まっている」と懐かしそうだ。(喜多由浩) 

【関連記事】
中国のネットで不買運動の声も 米国の対台湾武器売却に反発
中国、駐朝大使に知日派を起用 日朝協議に期待も?
中国の自動車保有は17%増 昨年末で7620万台
「人民元10%切り上げを」中国政府内部で見解対立か
中国広東省で年金に不満の工員千人が抗議、22人を拘束

たかこのブログ
gremrpyetbのブログ
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率

【from Editor】報道写真の持つ魅力(産経新聞)

 先月、東京都中央区の日本橋三越本店で開催された「第50回2009年報道写真展」には10日間で約5万人が来場してにぎわった。

 新聞各紙を飾った約280点のニュース写真を中心に、スポーツや連載・企画で掲載された写真がパネル展示され、新聞紙面とは違った迫力で来場者に写真の持つ力を訴えていた。今回の写真展では、天皇陛下ご即位20周年を記念して「皇室コーナー」が特設され、両陛下がオープニングに来場され、例年以上に注目が集まった。毎年この時期を楽しみにしているファンも増えている。

 写真展を主催するのは新聞・通信・放送34社が加盟する東京写真記者協会で、現在606人のスタッフカメラマンが所属している。

 彼らは国内外のニュースを読者により早く、正確に伝えるため、現場で常にしのぎを削り合っている。それと同時に、年末に開催される1年を振り返る写真展に、自分の撮った写真が「作品」として展示されることも大きな目標といえるかもしれない。年間1万2千点の応募作品のうち、選ばれるのはほんのひと握り。約60倍の狭き門をくぐり抜けた「プロ中のプロ」の写真として飾られるからだ。その中から、より優れた作品には写真記者協会賞のほか、ニュース、企画、スポーツの各部門賞などが与えられる。

 昨年、報道展実行委員の一人として写真選考に初めて参加し、各紙を飾ったえりすぐりの写真をじっくり見る機会に恵まれた。選考に関しては、ライバル社の垣根はなく、公平な目で月ごとのベストショットを選んでいく。その選考過程で感じたのは、一瞬の表情や動き、現場の臨場感をそのままストレートに伝える写真は迫力があり、報道写真の原点ではあるが、ニュースの裏側に潜む問題点をじっくり掘り下げて考え、表現した写真が各紙とも増えてきたことだ。デジタルカメラの普及で誰もが簡単に写真を撮れる時代になった今、メッセージ性の強い企画力や斬新な写真表現がこれからの新聞写真に求められるのだろう。

 報道写真の持つ魅力は、まだまだ捨てたものではないという気持ちを新たにした。

                   ◇

 「2009年報道写真展」は9日から、横浜市中区の日本新聞博物館(TEL045・661・2040)で再び開かれています。3月22日までです。ご都合がつけば、一度、ごらんになっていただきたいと思うのですが…。(写真報道局部次長 大井田裕)

まつぼっくり
今日の出来事
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
競馬サイト

<郵便不正>村木被告の初公判27日に 厚労省元局長(毎日新聞)

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪で起訴された厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)=官房付=の初公判が27日、大阪地裁で開かれることが決まった。

 村木被告は09年11月、保釈直後の記者会見で、事件への関与を全面否定しており、公判でも無罪を主張する見通し。公判は集中審理で、4月末までに少なくとも20回の期日が予定されている。

【関連ニュース】
厚労省:事前評価など有識者が担当…補助金交付
耐震化:基準クリアは62% 災害拠点病院など厚労省調査
既往歴:内容で不採用の企業存在 厚労省研究班調査で判明
国民年金保険料:納付期間過去10年分に延長 厚労省方針
新型インフル:ワクチンの公費負担を検討 厚労省

今年こそ優勝するぞ
ターミネーター
2ショットチャット
現金化口コミ
カードでお金

<衝突>10トン車と乗用車、男女3人死亡 群馬の国道(毎日新聞)

 6日午後4時5分ごろ、群馬県安中市松井田町北野牧の国道18号碓氷バイパスで、乗用車と10トントラックが正面衝突し、乗用車の男女計3人が全身を強く打つなどして間もなく死亡した。トラックを運転していた同県玉村町の男性(50)は軽傷。県警松井田署は乗用車のナンバーなどから、3人は長野県御代田町に住む30代の夫婦とその息子とみて身元確認を急いでいる。

 同署によると、現場は群馬、長野県境に近い山道で、乗用車は長野県方面へ、トラックは埼玉県方面へ向かっていた。乗用車が緩い左カーブで対向車線へはみ出したとみて調べている。【塩田彩】

【関連ニュース】
ひき逃げ:24歳の男を容疑で逮捕 埼玉・飯能
交通事故:全裸の男性ひかれて死亡 横浜の国道
ひき逃げ:路上で新聞販売店従業員が死亡 埼玉・飯能
交通事故:定員超過の車とトラック衝突、9人けが 神奈川
パトカー事故:小4女児はねる…左足骨折の重傷 茨城県警

ケチュア語を学ぼう!!
ビッグマウスのリアルライフ
競馬情報
ネイルサロン
出会いランキング

<国会>18日召集 政府が方針提示(毎日新聞)

 平野博文官房長官は7日午後、衆院議院運営委員会理事会で、通常国会を18日に召集し、会期を6月16日までの150日間とする政府方針を正式に提示した。同日中に参院議院運営委員会にも示す。政府は8日に召集日を閣議決定する。

 これに先立ち、与野党国対委員長会談が国会内で開かれ、民主党の山岡賢次国対委員長は09年度2次補正予算案の早期成立と10年度予算案の年度内成立に理解を求めた。また、内閣法制局長官の国会答弁の制限などを柱とする与党の国会改革案の骨子を野党側に示し、各党間の協議開始を要請した。【近藤大介】

【関連ニュース】
国会:18日召集を確認…政府・民主党
小沢幹事長:国会改革「最終的には多数決」
国会法改正案:通常国会提出へ…与党幹事長ら一致
貨物検査法案:次期通常国会に先送り
国会改革

bang-bang-bang
アゼルバイジャン語で日本のニュースを読む
現金化
クレジットカード現金化
出会いランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。