So-net無料ブログ作成

<労災補償>顔にやけど訴訟で厚労省、控訴断念(毎日新聞)

 金属を溶かす仕事中に顔にやけどをした京都府内の男性(35)が、労災補償給付で女性より低い等級の障害認定しか受けられなかったのは男女平等を定めた憲法に違反すると訴えていた訴訟で、厚生労働省は10日、男性の訴えを認めて国の認定処分を取り消した京都地裁判決(5月27日)について、控訴を断念した。また同省は、今年度中に障害等級の認定基準を見直す方針を決めた。

【関連ニュース】
労災認定:会社員自殺はパワハラが原因 島田労基署
労災:顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
過労死訴訟:「日本海庄や」社長らに7860万円賠償命令
豊川市職員自殺控訴審:パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴

鳩山首相「菅直人、大変切れすぎて…」に爆笑(産経新聞)
荒井氏は問題ない=事務所費問題で首相(時事通信)
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し(産経新聞)
スマートフォン向け接続サービスに障害 一時、通信できず(産経新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)

雑記帳 高校生が“禁煙紙芝居”を制作 高知(毎日新聞)

 世界禁煙デーの31日、高知県立山田高(香美市)のマンガ部員らが、禁煙をテーマにした紙芝居を作り、地域の健康対策推進に貢献したとして、保健所から感謝状を贈られた。

 主人公の女の子が幼稚園で学んだたばこの害を父親らに話し、禁煙に導く物語。保健所の依頼を受け、1年かけて可愛らしいタッチで描いた。4日にお披露目される。

 愛煙家には耳の痛い話だが、子供にとってはかけがえのないお父さん。部長の谷本花純(かすみ)さん(3年)は「子供の話をけむに巻かず、しっかり断煙を」。【黄在龍】

【関連ニュース】
NPT会議:紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生
2010NPT会議:紙芝居で「核廃絶」 NYの学校で語り部の半生紹介
大蔵永季:日田どんは郷土の偉人 紙芝居紹介プロジェクト始動 /大分
紙芝居:懐かしい紙芝居、園児ら笑顔輝く−−徳島城博物館 /徳島
紙芝居:県モラロジー青年クラブ連が寄贈 /高知

二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
<両陛下>迎賓館を視察 皇太子さまや秋篠宮ご一家も同行(毎日新聞)
社民、連立離脱へ…地方組織が相次ぎ要望(読売新聞)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。